ムダ毛の自己処理-セルフケアは危険!?そのデメリットとは


ムダ毛を自己処理している人も少なくないと思います。

カミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたり、市販のワックスや脱毛剤を使ったり etc…

気軽に自己処理している人も多いかもしれませんが、何の知識もないまま自己処理を続けていると、お肌のトラブルを引き起こす原因を作ってしまうこともあります。

大切なお肌を傷つけないためにも、自己処理のリスクについてご紹介したいと思います。

ムダ毛の自己処理は危険!?そのデメリットとは

カミソリでシェービング

セルフケアでもっとも多いのはカミソリでのシェービングではないでしょうか。
カミソリで剃ると、ムダ毛だけでなくお肌の表面もシェービングしてしまっている可能性があります。
それってお肌へのダメージ!

カミソリ負けになってしまうのはそのせい。
カミソリがお肌にダメージを与え、炎症を引き起こしているんですね。
「ちょっと赤くなるぐらいですぐ収まるし…」
なんて気楽に考えるのはキケン!
炎症を何度も繰り返しているとお肌に色素沈着が起こり、黒ずみの原因になってしまうことも

毛抜きで抜く

毛抜きで毛を抜く際に、毛母細胞の中にある毛細血管を切ってしまう可能性があり、そのせいで出血を起こしてしまうことがあります。
また、毛抜きで抜いた時に毛穴に雑菌が入り込んでしまって炎症を起こしてしまうという危険性も。

そして、あるあるなのが埋没毛。
毛抜きで抜いた後しばらくして、新しい毛が皮膚の下から生えている・新しい毛に皮膚がかぶさって外に出て来ない、なんて経験ありませんか?
これが埋没毛です。
この埋没毛を外に出すのに皮膚を毛抜きでつまんだりしたことはないですか?
それってお肌へかなりダメージを与えてしまっていますよ。

トリマーで剃る

主にスティック型をした電動の顔そり器、トリマー。カミソリと違って石鹸もシェービングクリームも必要がないという手軽さから、使っている人も多いと思います。

トリマーは肌の上を滑らせるだけなのでお肌へのダメージは比較的少ないですが、深く剃ることができず根元の毛が残ってしまって、キレイに処理することができません

クリームを使う

脱毛クリームはムダ毛を溶かす薬剤。毛が溶けるような薬剤なので当然お肌への負担は大きいといえます。
また、アレルギー反応が出る危険性も。

脱毛テープ・ワックスで剥がす

テープやワックスは粘着力で毛をキャッチして引きはがすため、お肌へ負担をかけてしまいます。
また、痛みがあり、跡が赤くなってしまうことも。

ムダ毛の自己処理のデメリットまとめ


ムダ毛の自己処理は気をつけないと危険がいっぱい。

1回2回ならともかく、何十年も繰り返すとなると、お肌へのダメージは想像できないくらいスゴいことになりそう。

長いスパンで考えたら、ムダ毛の自己処理に使う時間って、相当な時間ですよね。
しかもツルスベにはならないという….。

肌ダメージはあるし、時間は無駄だし、キレイにならないし。

そう考えると脱毛サロンという選択肢はかなり魅力的。
支持されている&人気があるというのも納得です♪
また、サロン選びも重要なポイント

人気のあるサロンはたくさんの人に支持されているだけあって、嬉しいポイントがいっぱい。

でも、たとえ人気のサロンであってもやはりメリットもデメリットもあります

それは、料金重視、脱毛部位重視、駅チカ重視、技術重視、雰囲気重視などなど、人によって重視するポイントが違うから。

サロン選びを失敗しないコツ

それはズバリ、自分に合ったサロンを選ぶこと!
他のサロンと比較して、どのサロンが自分に合っているか?を知ることが大切です!

料金、脱毛箇所、サロンの場所などなど、一番重要視したいポイントを見つけて自分に合うサロンを見つけましょう!

また、とにかくまずはカンセリングに行ってみるのがおすすめ!

カウンセリングは無料なので、いろいろとお話を聞いてみて、合うサロンを見つけてくださいね♪

→キレイモの無料カウンセリング予約はこちら

→銀座カラーの無料カウンセリング予約はこちら

→ラ・ヴォーグの無料カウンセリング予約はこちら

→脱毛ラボの無料カウンセリング予約はこちら

シースリーの無料カウンセリング予約はこちら

→ミュゼプラチナムの無料カウンセリング予約はこちら

人気・おすすめ脱毛サロン一覧

>> キレイモ KIREIMOのサロン情報

>> 銀座カラーのサロン情報

>> 脱毛ラボのサロン情報

>> シースリー C3のサロン情報

>> ミュゼプラチナムのサロン情報

>> ラ・ヴォーグのサロン情報